梅雨の時期が近づいてきました。
なんて書いてたら、九州北部28日に
梅雨入りしちゃいました。

早いなぁ〜
まだ5月なのに。

我が家は人間は(猫2匹もいます)2人暮らしなので
それほど洗濯物は多くないのですが、

それでもやはり毎日の事。
雨が降ったり、陽が短くなる冬場は室内に干す事が
多くなります。

今まではあまり使っていない部屋に洗濯物を
干していたのですが、昨年秋に蘭丸を迎えてからは

部屋干ししていると間違いなく洗濯物に
飛びかかって遊んでしまいます。

これはどの猫さんも同じで、年齢を重ねると
だんだんとそんなイタズラもしなくなります。

実際、4歳のさくらは2歳を迎えた頃から室内干し
している洗濯物に飛びかかる事はなくなりました。

蘭丸が大人しくなるまで後一年ちょっと。
でも、性格的に2歳あたりで大人しくなるかどうかも不明。

蘭丸を迎えてから雨の日はお風呂場に干して
いたのですが、やっぱり湿度が高い日は何となく
洗濯物が臭う。。

浴室乾燥機能があればなぁ〜と密かに憧れてました。
実家がお風呂をリフォームした時に設置してて
あると便利だなぁと思ってましたが、

蘭丸が大きくなるまでの辛抱と心に決めて
多少の臭いは我慢しよう!でも

除湿機ってものがこの世にはあったんですねー。

今まで全く気にした事ない家電でした(笑)

花粉症でもなかったし。
洗濯物も2人家族で少なかったので。

色々とネットで調べてみると大きく3種類に
分かれてました。

ざっくりと特徴をまとめると

①コンプレッサー方式
メリット:夏場に除湿能力が高い。電気代が安い。
デメリット:冬場は除湿能力が落ちる。運転音が大きい。
      本体が重い。

②デシカント方式
メリット:除湿能力が気温に左右されない。
     本体が小さい。運転音が小さい。
デメリット:室温が上がるので夏場には向かない。 
      電気代が高い。

③ハイブリット方式
①②を合わせたタイプでサイズが大きく価格が高い。

まず、③は価格と大きさで却下。
①か②で悩みましたが冬場は乾燥しているので
除湿機に頼らなくても室内干しで大丈夫。

梅雨から夏場に頑張ってもらえれば
グッジョブなので①のコンプレッサー式に
決めました。

で、選んだのがこの衣類乾燥除湿機

1805271

1805277

コードまで真っ白なのも気に入りました。

1805275

さくら(4.5キロ)と比較してもこのくらいのサイズ感。

A4サイズなので場所も取りません。
ただ、やはり重い。。。約9.3キロ

でもハンドルが付いているので持ち運びは
それほど苦ではありません。

1805279

タンクの容量は1.8L
1時間の電気代だ約5円ほど。

フラップが付いているので風向きを調整出来ます。

早速使ってみたところ。。。

洗濯物が臭くなーい(笑)
当たり前か!こんな事ならもっと早く購入すれば
良かったです!

梅雨入りしちゃったし、これからせっせと
働いてもらおうと思います。

夢は浴室乾燥付のバスルームにリフォーム。
それまではこの衣類乾燥除湿機に
頑張ってもらいます。