毎年2月22日になると想うこと。

我が家に来てくれてありがとう!

我が家で幸せなのかな?

私たち夫婦は言葉では語り尽くせないほどの
幸せを猫さんたちからもらっています。

22年前に旦那が失業中でヒマを持て余して
いた時に出会った「寅次郎」

ヒマだからって拾ってきたのですよ!

出会いはそんな事情からでしたが
19年間もそばにいてくれました。

新築の購入したばかりの家に猫?
壁やカーテン、網戸がぼろぼろに
なるのでは?
なんて心配は全く必要ありませんでした。

爪とぎはちゃんと指定の場所でします。
カーテンや網戸も登りません。

トイレも拾った日は夜だったので
買いに行くことが出来ず
ずっと我慢させてたみたい。

ソワソワし始めたのでもしかして?と
思いバスルームに連れて行くと
オシッコだけしました。

翌日、トイレを用意するまでは
ウンチは我慢していたお利口さん。

昼間留守にしてても家の中が
散らかるようなことも1度もありませんでした。

誰が来ても側に寄っていって
みんなに「トラ、トラ」って可愛がられて
いました。

女の人の膝には必ず乗ってました(笑)

楽しい想い出ばかりです。

猫との暮らしはうまれて始めて
だったけど、本当に手のかからない
良い子と出会いました。

寅次郎がやって来て17年後。

猫2匹と暮らしてみたいと思っていたら
縁あって「さくら」と出会いました。

17年間もひとりっ子でいた寅次郎は
さくらがやって来た時は本当に
びっくりしたでしょうね。

最初こそフーフーシャーシャー言って
いましたがすぐに諦めたようで
仲良しになってくれました。

たった1年半でしたが猫2匹との
暮らしを味わうことが出来ました。

それから2年が経ち、やっぱりもう一度
2匹と暮らしたいという想いが強くなり
昨年の10月に蘭丸がやって来てくれました。

もう1匹欲しいなぁと想っていたら
何度か里親にという話はあったのですが
迷っている間に決まってしまってました。

でも、蘭丸だけは写真を見た瞬間に
即決。
理由はわからないのですが
ピンっと来たんです。

蘭丸が我が家に来てくれてからは
さくらが蘭丸を見ただけで嘔吐し
ハンストを繰り返し、最後は
神経性胃腸炎にまでなってしまいました。

やはりこの子たちは相性が悪いのかなと
諦めかけていましたが、少しづつ
距離を縮めて仲良くしてくれるように
なりました。

猫の話は書き始めるとあれもこれもと
思いまとまらない文章になってしまいます。

猫と暮らすことが夢でした。

夢が叶ったのです。

そのことに感謝する日
2月22日は猫の日。

毎日が猫の日なんですけどね。。。

今年は特に寅次郎のことを
想い出しました。。

虹の橋で元気で駆け回っていること
でしょう♪

■寅次郎(トラ)■
10294

■さくら■
1802222

■蘭丸■
1802221

3猫とも初対面の時の写真。

みんな小さい(笑)


※更新のお知らせ届きます。
主ににゃんこの事つぶやいてます♪





断捨離ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村