「郵便局の定期が満期になったら2倍に
なってたのよ〜」
その昔、母が良く言ってました。

当時の私はなんのこっちゃって感じで
気にもとめてませんでした。

定期どころか貯金も出来ない、
キャッシングやローンを組む散財ムスメ
でしたから(笑)

お金の勉強をし始めて、「72の法則」
を知り、ようやく母の言ってる意味が
わかったのが40歳手前( ̄▽ ̄)オイオイ

『72の法則とは。。
72÷金利=お金が2倍になる期間
金利が9%だと72÷9=8年
100万円を預けてると約8年で200万円』


それから、8年あまり。、

預金金利は下降の一途。。
金融機関の多くは普通預金の金利が
0.001%
ほぼゼロですよね。。

それでも、金利がつかないのは預けてる
金額も少ないからだと何となく思ってました。

そんな私の目を覚まさせたこちらの書類。

職場に届いてた預金金利のお知らせ。




















こっそり写しちゃった


6700万円もあって、利息112円って。。

もちろんずっと6700万円預金して
いるのではありません。
企業の預金ですので、毎月出たり
入ったりはしてます。
ほぼ同じ金額が毎月動いてます。

そりゃあ、企業の預金でこれだもん。
我々庶民の預金利息なんて、
1円とかで当たり前か。。

私が給与振込している口座の
利息は1円でした。。。

妙に納得してしまいました。

やっぱり預金じゃ増えない!!

投資してて良かった♪という結論と
なりました(o^^o)