2年前の今日。21時に私の腕の中で

茶トラくんが19年の生涯を終えて旅立ってゆきました。

マンションの下でだんなが生後半年の茶トラくんを
拾ってきてあっという間の19年。


茶トラくんがいなかったら、とっくに離婚していたかも?と
思うくらい、かすがいになってくれていました。

ねこ友もたくさん出来ました。

ねこを飼っているという共通点だけで
初対面でも話が盛り上がる事が何度もありました。

茶トラくんが逝ってしまったとき、
みんなが茶トラくんはsato家で飼われて幸せだったよと
たくさん慰めてくれました。

でも私は茶トラくんよりも私たち夫婦が幸せだったのだと
思っています。

感謝してもしきれません。

逝ってしまう3週間前に倒れて、まっすぐ歩けなくなって
しまっても、私が帰宅するとヨロヨロしながら
必ずお迎えしてくれました。

お迎えがなかったのは最後の日だけ。

お迎えはキジ子ちゃんが引き継いでくれています(笑)

0415image1

1年たったら、供養して散骨しようと
思ってましたが。。。
最初の1年は毎朝晩ごはんとお水は
あげてました。←もちろんキジ子ちゃんが
しっかり横取り(笑)

散骨はまだまだ出来そうにないです。

骨太さんだったので(マックス6.2キロ)
大きな骨壺(笑)

気の済むまで、自宅に置いておこうと
決めました。


ランキングに参加しています。
 ↓  ↓  ↓

断捨離ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村